電話番号の検索
電話番号検索でわかるのは電話番号だけではありません
日本における電話による案内
日本では、電話番号「104」が番号案内用として割り振られている。NTT東日本・NTT西日本とNTTドコモの電話からはNTT東西(あるいは子会社)が案内をしている。他社携帯の場合はNTTとは別個の業者が案内をしている。

かつて、日本における電話による電話番号案内は、自動交換化された後に加入者自身でダイヤル操作を行う代替として無料で提供されていた。案内人(コミュニケータ)は、元交換手が多かったという(雇用維持の意味合いも考えられる)。
しかしながら、1990年に次のような理由で有料化が行われた。

利用が一部の加入者に偏っている。
電話料金の引き下げを行うための障害となっている。
有料で提供されている国も多い。
料金は、NTT東日本の一般電話の場合、月に1案内の場合1回あたり63円(以下全て5%消費税込み)、2案内以上の場合1回あたり94.5円かかる。深夜・早朝(日本時間23時〜翌8時)の場合には1回あたり157.5円とさらに跳ね上がる。
公衆電話からは1回あたり一律100円である。

なお、NTTの番号案内については、視覚障害者など電話帳の利用が困難な一部の障害者は、程度により事前に登録することで無料利用が可能である。

歴史
1926年 : 自動化された地域で「100番」で電話番号案内が開始。
1937年 : 電話番号案内の「100番」への統一が完了。
1953年 : 市内「104番」市外「105番」に変更。
1972年 : 市外局番 +「104番」に変更開始。
1984年 : 市外局番 +「104番」を全国拡大。
1988年 : コンピュータ化が全国で完了。
1989年11月1日 : 「104番」で全国の電話番号案内の統一受付開始。
1990年12月1日 : 有料化開始。モデム利用の案内サービス「ANGEL LINE」(0190-104104)開始。
1997年4月14日 : 英語による案内サービス開始。
1998年5月1日 : DTMF利用の案内サービス「あんないジョーズ」(0190-104555)開始。


日本おけるWebによる案内
日本おけるWebによる電話番号案内は、商店や飲食店、企業など業務用の契約回線が検索できるものが後述外部リンクの「iタウンページ」を始め
各ポータルサイトで無料提供(「iタウンページ」より提供)されている。

なお、住宅用(個人用)契約の回線については、2006年1月現在、無料で検索できるサイトは確認できない。
したがって、配布される電話帳の記載地域外の住宅用契約の番号を無料で調べることはできないことになる。
このページのトップに戻る
『電話番号の検索』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 電話番号の検索 All rights reserved.